アフィリエイトの内容とその種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、こんばんは、雨です。皆さんはどうお過ごしですか?

 

今回はアフィリエイトの主な種類とその説明をしていきたいと思います。

 

雨の副業ブログは、本サイト内で掲載された情報について、充分に確認や注意をした上で掲載していますが、内容によっては、情報が古かったり間違っている可能性もあります。

 

アフィリエイトは大まかに分けて2つ

アフィリエイトは多くの種類がありますが、それらは大きく分けて2つの「成功報酬型アフィリエイト」と「クリック型アフィリエイト」に分類出来ます。

成功報酬型アフィリエイト

成功報酬型アフィリエイトとは名称にあるように、成果が出た時に発生するアフィリエイトになっています。

簡単な例を出していくとすれば、あるASPサイトから案件を受けて来てそのことを自分の運営するブログ又はサイトにて紹介をしていきます。

紹介する内容は物によって変わってくると思いますが、基本的にはこういったものは化粧品が多いイメージがあります。

そして、その紹介していった物が観覧していた人にその広告を通じて購入された場合、発生する報酬のことを指します。

この報酬は案件によって金額は変わってきますが、基本的に高めのものが多いです。

そして、案件をこなしていくことも難しいですが、一度売れていけばなし崩し的にもその紹介ページはLP(ライティングページ)として一定のところまで来ていることを指しますので、コピーライティングの力があるのを自身で感じることが出来ると思います。

なので、一度に多くの報酬を受けていきたい人はこのような成功報酬型アフィリエイトをやっていく傾向があります。

しかし、そこにも難点がありまして、自分のコピーライティングの力がないと案件の商品の魅力を伝えていけないということに繋がってきます。

そのようなことが背景にあるので、初めてアフィリエイトやっていく人が成功報酬型アフィリエイトを上手くやっていけることは少ないです。

 

クリック型アフィリエイト

クリック型アフィリエイトの特色は一度その広告に飛んでもらえたら報酬が発生する点にあります。

このことを簡単に例を出していけば、ブログ又はサイトにASPサイトから持ってきた案件を広告として貼っていき、集客用の記事を書いていき、集客した上でその中でその貼ってある広告に興味を持った方がその広告をクリックないしタップをして飛ぶといった流れになってくると思います。

このことを聞いて既にピンときている人はいると思いますが、これはGoogleAdSense広告にも該当することです。

GoogleAdSense広告はユーザーの特性によって表示されていくものが変わってきますので、GoogleAdSense広告を貼っている人は特に記事などを意識する必要が無いということになります。

そのようなことから、GoogleAdSense広告を貼る場合には集客が見込める特化ブログやトレンドブログに貼られることが多いと思われます。

しかし、GoogleAdSense広告を貼っていくには色々と制約があるので、一概にも全部のジャンルにおいていいとは言えないものと言えます。

そのようなジャンルを扱っているサイト又はブログの場合には、他のASPサイトから持ってきた案件のものでクリック型アフィリエイトを扱っていき、そのジャンルにあったブログであれば、成果も上げていきやすいということになります。

しかし、クリック型アフィリエイトは基本的にクリックされるだけという案件としては手軽なものとなっていますが、報酬単価が安いものが多いので、どれだけ集客を伸ばしていけるかがキーになってきます。

そういった特色の反面があるので、クリック型アフィリエイトをやっていくブログやサイトは芸能人やニュースを扱っているトレンド系や特化ブログに傾向が高まります。

このようにクリック型アフィリエイトというものはやっていくにはかなり手軽なものになっていますが、実際には集客をかなりしていかないと難しいということです。

 

以上のっことから大まかに分けられているものになっているアフィリエイトですが、その2つは特色が似ているようで全く違うものになっているので、自分でどのようなブログやサイトにしていくのかによって形式は変わってくるものです。

 

アフィリエイトの種類

アフィリエイトの種類と書いていますが、基本的にクリック型アフィリエイトは消滅してしまうことが多く実質GoogleAdSenseしか無いです。

そのようなことから、成功報酬型アフィリエイトのほうが多いのが現状になっています。

その中でも特に存在が大きいのと推測出来るのは、物販系アフィリエイト・情報商材系アフィリエイト・自己アフィリエイトといったものでしょう。

物販系アフィリエイト

物販系アフィリエイトは名称にあるように物を主に販売していくものです。

なので、ASPサイトから直接案件を紹介していくのもありますが、他にはAmazonや楽天といったものから少尉化していくものもあります。

しかし、Amazonや楽天のアフィリエイト報酬は低いので、あまり活用されることはありません。

なので、扱っていくとしても、副次的なものとなってくるかと想像出来ます。

ですが、実際にこれで利益を大きく挙げている人もいるらしいので、一概に改正で行けないものとはいい難いものです。

そして、物販系でもPPCアフィリエイトと言うものもあります。

PPCアフィリエイトとはPPC(Pay Per Click)と言うもので、端的に言えば、自分でクリック型アフィリエイトを出していくというものになってきます。

なので、イメージは付きにくいかもしれませんが、よくGoogleやYahooで検索を掛けた際に広告のものが検索結果トップに入り込んでいるはずです。

そのような広告を利用してサイト又はブログにアクセスをされやすい状況を構築して物販を販売していくといったものになってきます。

しかし、自分で広告を出すことなので、資金が結構必要になってくることも特徴です。

なので、PPCアフィリエイトは成約率は高いものとなっているものですが、資金はかなり必要になっているという事です。

情報商材系アフィリエイト

情報商材系アフィリエイトは情報商材を紹介していくというものとなっていますので、基本的に報酬率は他に較べてかなり高めです。

そのことからアフィリエイトと言えば、情報商材を売っていくというイメージも付いています。

なので、あまり良いイメージは付いていませんが、事実稼ぎやすいという背景もありますので、よくされているアフィリエイトの1つです。

よくこのような案件を出しているサイトは「インフォトップ」や「インフォカート」といったところになってきます。

自己アフィリエイト

自己アフィリエイトというのは、名称から想像しにくいと思いますが、要は自分でアフィリエイト案件をこなしていくというもので、セルフバックとも言います。

自己アフィリエイトの案件を主に置いているサイトも多いので、探していくのはそう難しいことではないです。

なので、自分で全てやっていけばいいという考えも出てくると思いますが、原則1案件に付き1回までとなっており、いくら高額なアフィリエイトとしても一度しか出来ないということになります。

このことから実際に金銭を稼いでいくとすれば、一番稼いでいきやすいですが、一度しか出来ないので稼いでいくにも上限があります。

よく自己アフィリエイトで高額案件となっているのは、クレジットカードやFXの口座開設となっています。

他のものもないわけではありませんが、そこまで報酬金額は高いものではありません。

まとめ

アフィリエイトがどのようなものがあり、区分されるかが理解出来たと思います。

しかし、これでもアフィリエイトのほんの一部であり、他にも色々とあります。

なので、自分でどういったものがアフィリエイトし易いのかを見極めていく必要があります。

ですが、今現在のアフィリエイターの方たちはかなりいる状況になっているので、言わば飽和状態になっているという事です。

そういったことがあるので、自分でどれだけのセールスの工夫をしていくかで利益を上げていけるかが変わってくると思われます。

ですので、もし、じぶんでアフィリエイトを副業にしていくとすれば、ただ単純にやっていくには難しい分野ですが、工夫次第では利益を大きく上げていくことも可能になっているといったものとなっています。

 

最後に

何をするにしても結局自分の意思が重要になってきますので、購入するのは十分に検討した上で行なっていけば自分の身を守れると思います。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


40 − = 30