セミリタイアした不動産投資家が教える「優良物件を購入する方法」 大橋亮太の評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営統括責任者 大橋亮太
所在地     東京都中央区日本橋蛎殻町1-20-9 高橋ビル301号
電話番号    03-5623-9775
販売URL     http://6.web-cs1.com/lp/buy-good-property/

雨の副業ブログは、本サイト内で掲載された情報について、充分に確認や注意をした上で
掲載していますが、内容によっては、情報が古かったり間違っている可能性もあります。

こんにちは、こんばんは、雨です。皆さんはどうお過ごしですか?

さて、今回も気になった情報商材の評判を書いていこうかと思います。

この「セミリタイアした不動産投資家が教える「優良物件を購入する方法」」は不動産投資を行なっていく際にどういったものが優良物件に当たるのかのノウハウが書かれているものとなっております。

基本的には動画とPDFマニュアルとなっているようなので、比較的学んでいきやすいものと思います。

不動産投資の基本的な知識

不動産投資とはアパートやマンションといった賃貸物件を運用して利益を得ていくことを目的とするものです。

この投資でよく聞くことはローリスク・ロングリターンということだと思います。

しかし、これも投資の一種なので必ずしも利益を出していけることではないというものということが言えます。

不動産投資には大きく分けて3つ存在します。

・最初からマンションなどを作成する目的で投資をするもの(これはよくあるマンション経営投資の1つです)

・元々住むためや投資のために購入した物件であるが、経済的事情で手放したものを不動産の方が購入し、物件の補修を行なった後に売りに出すか賃貸とするかのもの(これは所謂貸家のものと捉えればイメージは付きやすいです)

・住むために購入した物件だが、事情により住めない場合の時に期間限定で不動産の業者に委託しとして住まわせるもの(これはあまり聞かないと思いますが、例を出せば海外に赴任した人が数年で戻ってくるまでの間を住んでいた物件を貸し出すことです。なので、基本的にはマンションなどや一戸建てが該当するものです。)

このように大きく分けていますが、運用の仕方で不動産投資は仕様が変わってくるものといえますので、そのことを頭の片隅に置いておく方がいいです。

ここまで基本的なことを固い表現で書いてきましたが、端的に表現するならマンションの大家になるための投資と考えていいと思います。

引用元・参照元

Wikipedia 賃貸住宅

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%83%E8%B2%B8%E4%BD%8F%E5%AE%85

不動産投資のリスク

不動産投資のリスクは投資ですから当然のようにあります。

しかし比較的にコントロールし易いものが多いようなので、確りとそのことを踏まえて対策をしていれば大きな問題なることは少ないです。

ですが、どの不動産投資にしていくとしても、元手が無いと行けないということです。

資金がなくすべてローンでしてしまった場合、他に掛かってくる経費(維持管理費など)が相当に掛かってくるので、最初からもとでなく状態でやるとかなり痛い目に合う可能性があります。

そのようなことが起きてしまい不動産投資自体に失敗している人は結構いるそうです。

そのように手放された物件が基本的な知識で説明した2つめの項目に該当します。

ですので、不動産投資は投資のものとしてはリスクは低いですが、確りと調査などを行わないまま投資を安直に行なってしまうと防げるリスクが防げなくなってしまい、結果的に損失してしまう事が起きる可能性があります、

そのことから、不動産投資をやろうとしている人はそういったリスクや経費などを確りと把握してからやっていくべきものと思えます。

セミリタイアした不動産投資家が教える「優良物件を購入する方法」の内容

この商材は実際に不動産投資の経営をしている方がノウハウを書いているそうで、よく情報商材である身元不明の方が販売しているものではないため、比較的に信用しやすいものであると思います。

そのことを完全に裏付けれるわけでは無いですが、大橋亮太さんが運営している「イエカウゾウ」というサイトは確りとしたものになっていますし、楽待というサイトにニュース記事としてまとめられています。

これはセールスページでもリンクがありますので、そこから確認できますので、気になる方はセールスページをご覧ください。

この商材の金額も9800円とノウハウを学べるものとしては平均的な金額のものですが、変に胡散臭いものはセールスページではありませんし、不動産投資のことに興味がある方なら、ある程度は学べるものとなっていると思います。

しかし、いくら学べるものだと言っても、必ず稼げるというものではないです。

これは、全てのビジネスに共通することですが、情報は重要ですがそれを運用していく人によっては上手く活用できないということです。

なので、この商材を手にするべき人は、不動産投資のリスクや不動産を保有していく上での注意点などを確りと把握している人でないと無駄にする可能性が高いです。

まとめ

以上のことから、不動産に対して投資はローリスク・ロングリターンであるものですが、投資の部類ですから十分に損失する場合がありますので、注意が必要です。

しかし、そのリスクも十分に対策を行なっていけば、軽減又は回避することが出来るものが多いので、投資をする際にはそのことを十分に学んでいくことを念頭に置くことを忘れてはいけません。

そして、この商材はそういったリスクや利益を上げていきやすい物件のことを学んでいけますが、不動産投資の第一条件として元手がないと運用していくには難しいことです。

なので、基本的に不動産に手を出していける人自体が少ないと思えますので、この商材はあまりおすすめはしにくいものとなっています。

 

 

最後に

購入するのは結局自分の意思が重要になってきますので、購入するのは十分に検討した上で行なっていけば自分の身を守れると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


− 3 = 6