令和式 BUYMA財テク完全攻略セミナー 三矢田リョウは簡単に稼げる?レビュー検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特定商取引法に基づく表記

なし

今回は令和式 BUYMA財テク完全攻略セミナーについて検証したいと思います。

 

こちらのオファーはバイマ転売のノウハウがセミナー形式で提供されるようです。

こういったものは後から有料の情報商材や塾が販売されると思います。

 

無料オファー系のものは初期費用が掛かりますので、

後から有料の商材を出して経費回収、利益を上げていきたいので当たり前ですが。

 

今回のBUYMA財テク完全攻略セミナーの内容をみてこれはどうなのかなと思うことがあったのでいかに述べてきます。

 

ライバルが多い

 

セールスレターではライバルが不在というような表記がありますが。

まずそんなことはありません。

 

よほど誰も知らないようなジャンルの商材であったり、オリジナルの独自商材であればそれは可能かもしれませんが、

おそらくそんなことができるのはごく一部の方です。

 

大体の実践者はブランド品やノンブランドの商品を仕入れて売ることになると思います。

 

そうなると仮に自分だけしか売っていない商品でも、売り上げが上がってくると、すぐに他の転売者にバレてパクられてしまいます。

 

私も経験があるのですが、ニッチなジャンルのアパレル商品を取り扱っていたころがあり、かなりの売り上げがありました。

その頃はほとんど私しか取り扱っていなかったのですが、

数か月もすると、同じ商品を多数の転売者が取り扱い始めました。

 

それだけであればいいのですが、当然売りたいので、

通常の価格より安く売り始めてしまい、私も価格を下げざるを得ない状況になりました。

 

すると当然利益が上がらなくなったため、その商品の取り扱いをやめざるを得ない状況になりました。

 

つまり、転売である以上、ライバルが不在な状態というのは

根本的にあり得ないと思います。

 

あまりk賭場に騙されない方がいいでしょう。

 

転売は薄利多売

 

上記の例で挙げたように、売れている商品はすぐにパクられ、

価格競争になってしまいます。

だからと言って高利益なものというのは、

総じて価格が高い傾向にあります。

 

そうすると回転率が悪くなり、中々資金が回収できないという状況んあってしまいます。

初心者であれば、かけた資金は早めに回収し、

次の商品を仕入れる代金にしたいはずです。

 

なので売れている商品を仕入れ、早めに売るのです。

こういったジレンマがあるせいで、

自ら価格競争になってしまうようなジャンルに突っ込まざるを得ません。

 

そうなってくると発送や商品仕入れ、検品など面倒な作業が増えてきて、手が回らなくなってきてしまいます。

 

セールスレターにあるような甘い言葉に騙されて実践してしまうと、

足元をすくわれてしまいます。

 

 

以上の理由から令和式 BUYMA財テク完全攻略セミナーはお勧めできません。

少なくとも気軽に始めて楽に稼げるような手法ではないので、

そういったことを考えて実践しようとしている場合は注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す