僕が週末古物ビジネスで独立するきっかけになった方法 藤元洋一の評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

販売者 藤元洋一
所在地 東京都日野市多摩平4-10多摩平の森2-3-1005
電話番号 090-1820-9170
販売URL http://fujisun.tokyo/

 

 

 

雨の副業ブログは、本サイト内で掲載された情報について、充分に確認や注意をした上で
掲載していますが、内容によっては、情報が古かったり間違っている可能性もあります。

 

こんにちは、こんばんは、雨です。皆さんはどうお過ごしですか?

 

さて、今回も気になった情報商材の評判を書いていこうかと思います。

この「僕が週末古物ビジネスで独立するきっかけになった方法」は店舗や古物市場といったところから直接仕入れていくせどりになっています。

店舗なら何か必要なものといったものはありませんが、古物市場となるとあるものが必要になってきます。

それは、古物商許可と言うものなのですが、これがないと古物市場に入ることができません。

そして、古物商許可は取得にはかなりの手間が掛かり、金額もそれなりに掛かってくるところです。

この商材はそういったところで仕入れていくことも視野に入れているので、取得するのは避けられないものでしょう。

あと、基本的に古物市場というのはインターネットに情報が流れないところらしく、行こうとしても情報がないので行けないなんてこともザラです。

なので、そういう場合はツテを使用して入っていけるようになるのですが、初めてやっていく方はそういうのがないため難しいと思います。

ですが、この商材では特典として全国古物市場リストがついてくるそうなので、全部の地域は載っていないでしょうが、あるだけその分仕入れていけるルートが増えるわけですから利点になると思います。

 

あと、こういったビジネスをやっていくにあたって気を付けないといけないことと必要なものがあります。

気を付けないといけないものは、仕入れたものが必ずしも全て捌けくことができるとは限らないということです。

いくら見込みのあるものを仕入れても売れるのは時と運ですから、売れないときは売れないと思います。

そして、必要になってくるものはある程度の資金と仕入れた際に商品を置いていくスペースです。

資金はどの程度まであればいいかというボーダーラインはありませんが、あればあるだけその分運用していけますので、ビジネスの幅が広がっていきます。

資金がない場合クレジットカードという手もありますが、これは少々危険になってきますので、おすすめはしにくいものとなってきますので、できるなら現金を用意していたほうが良いです。

スペースですが、商品をいくら仕入れてきても置いておくところがなければ仕入れても意味がありません。

なので、そういったスペースを作る必要があります。

Amazonで販売するからAmazonの倉庫に送ればいいということもできないことはないですが、その分手数料が取られるはずですから、その手数料が惜しいなら素直にスペースを作成した方がいいです。

 

この商材のノウハウはPDFマニュアルだけになっていますので、動画のものもほしいという方にはあまり合わないものかもしれません。

 

と以上のことから、他の商材ではあまりない全国古物市場リストというものがありますので、そういったものを目当てにしている人なら購入してみても良いのではないでしょうか。

 

 

最後に

購入するのは結局自分の意思が重要になってきますので、購入するのは十分に検討した上で行なっていけば自分の身を守れると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


− 2 = 1