古物商許可申請サポートキット 廣畑信二 HSコンサルティング行政書士事務所代表の評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

販売者 廣畑信二
所在地 〒567-0827 大阪府茨木市稲葉町8番稲葉町グランドハイツ703号
電話番号 072-601-2880
販売URL http://kobutukyoka.com/kobutu-kit/index.html

 

雨の副業ブログは、本サイト内で掲載された情報について、充分に確認や注意をした上で
掲載していますが、内容によっては、情報が古かったり間違っている可能性もあります。

 

こんにちは、こんばんは、雨です。皆さんはどうお過ごしですか?

 

さて、今回も気になった情報商材の評判を書いていこうかと思います。

この古物商許可申請サポートキットはせどりを本格的にやっていくことをビジネスにやっていく際には必要になってくる古物商許可というものを取得する時の助けになるものです。

せどりのことを簡単に説明しますと、インターネットショップや店舗に安い商品があればそれをアマゾンやヤフオクといったところで販売することです。

そういったものでなぜ古物商許可が必要になってくるかと思いますが、この許可は名称から察しは出来るとは思いますが主に中古のものを扱っていく上で全てに必要というわけではないですが、場合によっては必要になるものです。

この辺りの必要になってくるところは、法律関係にありますので細かくは分かりませんので、気になる方は警察署の生活安全課に確認すれば範囲などが分かってくることですので、確認してみてください。

ただ、この古物商許可を取ったからと言ってデメリットといったことはなく、このように中古のものを扱っていくなら取っておいて損はありませんし、いざ警察などにこのようなことで質問されたとしても対応ができるのではないでしょうか?

まあ、その辺りは個人個人の判断によるので絶対に必要かと言われればなんとも言えないです。

では、リミットは何かといいますと、古書市場などといったところに入れるようになるということが大きなメリットではないでしょうか?

そのようなところに行ければ、貴重なものなどが店に出回る前に入手することが出来る可能性があるからです。

それに、この古書市場などの市場は基本的にツテやコネでいけることが多いので、そういった閉鎖性があるためそのようなものがある場合があります。

しかし、古物商許可を取得する上で少々手間がかかるところがネックのようです。

金額がまず、19800円掛かるということ、手続きがかなり掛かってくることです。

金額のことは許可を得るわけですからこのくらいの金額が掛かるのは仕方がないことです。

手続きは警察署に数回赴いたり資料を取り寄せたりすることが結構大変のようです。

古物商許可を取得する上でこのようになっています。

その助けになるのがこの古物商許可申請サポートキットになっています。

どこの資料にどのように記入していく事やどの資料をどのように扱っていくかなどのことをまとめています。

セールスページに記入例が一部あったのですが、結構見やすいまのとなっていますので、どのように書いていくことを迷うことはないのではないでしょうか。

そして、取得したあとでも守らないといけないことがあるので、そういったことを説明している「許可取得後の古物営業の運営に関する説明書」がついてくるのでそのあたりを確認しておけば、剥奪されるといったことの可能性が低くなるかと思います。

古物商をやっていく上で必ずやらないといけないのが売買の記録です。

そのサポートでこの商材に古物台帳のテンプレートが付いてきましてそれに記録していき、印刷していけば簡単に記録していくことが出来ると思います。

あと、メールサポートは取得する上のことを回答してくれるそうなのでいいサポートだと思います。

 

と以上のことから、この商材はせどりなどのことをやっていく上では場合によっては必要になるものですので、古物商許可を考えている方には良いかと思います。

 

 

最後に

購入するのは結局自分の意思が重要になってきますので、購入するのは十分に検討した上で行なっていけば自分の身を守れると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


+ 77 = 85