大倉コージ 大倉クリプトゼミナール(OCS)の評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

販売責任者 ウイニングクルー株式会社 大倉コージ 大倉クリプトゼミナール
所在地   〒東京都港区赤坂3-21-16 SKI赤坂ビル3F
電話番号  03-6441-0275
販売URL  https://cryptosemi.com/sl/01i/

雨の副業ブログは、本サイト内で掲載された情報について、充分に確認や注意をした上で
掲載していますが、内容によっては、情報が古かったり間違っている可能性もあります。

こんにちは、こんばんは、雨です。皆さんはどうお過ごしですか?

さて、今回も気になった情報商材の評判を書いていこうかと思います。

今回は大倉クリプトゼミナールという仮想通貨で儲ける方法を伝授するというセミナーというか情報商材を売っているところです。

大倉クリプトゼミナールの内容

サイト内の情報を見ると、仮想通貨がこれから上がるという関係のない結論について過去の都合の良い情報ばかりをを並べて情報商材の有用性についてアピールしています。

仮想通貨はバブルではなく、これから爆上げなので乗り遅れたらだめですよ!

といった内容となっています。

バブルの説明として「バブルは弾けてからバブルだったと分かる」と記述されていることは、有名な話でそのとおりです。

だったらなんで仮想通貨がバブルではないと考えてるんですかと突っ込みたくなります。

しかし、突っ込みだすとキリがないサイトなのでスルーします。

そして、例として2000年代のITバブルを出しています。

amazonやGoogleの株はバブルがはじけた後、一時的に下がりましたが急騰した理由は、会社としての実力だったというのもそのとおりです。

しかし、チューリップの球根や、ゴルフ会員権など価値のないものの値段が上がって暴落した例も数多くありますが、そこには、触れられていません。

なので、仮想通貨が儲かるというなら、amazon株やGoogle株のように将来価値がある理由を説明する必要があると思います。

しかし、内容としては、仮想通貨の仕組みとそれを支えるテクノロジーの話だけです。

サイト内に書いてあるように仮想通貨がこれから爆発的になぜ上がるのかという理由は書いていないですね。

では、情報商材を買うとその情報が得られるかというと期待薄です。

なぜなら内容として紹介されているのは

・仮想通貨を始めるなら早ければ早いほうがいい。その理由とは?
・今さら聞けない仮想通貨とブロックチェーンの違いとは?根本を知ることで、安心して仮想通貨を売買できます。
・最初の取引所選びで失敗しないために。
・仮想通貨を補完するウォレット選びを軽くみてはいけないその理由とは?
・必ず確認しておくべきICOのポイントとは?
・ICOで買う必要はありません。取引所公開後に値上がりが見込める優良コインとは?

といったもので

ネットで検索すれば得られる知識ばかり。

また、サイト内でしきりに使用されている投資という言葉にも違和感を感じます。

投資というものは、社会の変化を想定して需要が増えそうな商品、サービスを提供できる可能性がある将来性に資金を貸して、利息を得るということ。

なんとなく儲かりそうだから金を突っ込むというのは投機もしくはギャンブルといいます。

理由なく上がった数字は、時間の問題で下がります。

それが、バブルというものなんですが

大倉クリプトゼミナールでは、仮想通貨はバブルではないという立場をとりながら

その理由に関しては、書かれていません。

そんなセミナーの参加費は58,000円(税込:62,640円で)

専用の会員サイトから動画とPDF等でその情報は得られるらしいです。

またメルマガ配信やメールサポート・電話サポートを行っているみたいですので

興味がある方は問合せからにしてみてはいかがでしょうか。

そもそも、仮想通貨がそんなに儲かるなら参加費の6万円で仮想通貨を買えばいいと思いますが

仮想通貨は大倉クリプトゼミナールによると100倍になるそうなので600万円以上の価値を感じた人はセミナーを受講してみてください。

私は、一切興味がありませんし、損をしても知りません。

まとめ

大倉クリプトゼミナールの内容を紹介してきました。

現在の仮想通貨自体が通貨としてではなく投機の対象になっているので仕方ないんですが

仮想通貨がこれから儲かりますよという理由に根拠が示されていません。

なぜ根拠が書いていないかというとないからです。

仮想通貨で儲けている人も損している人も違いはタイミングと運だけだと個人的には考えています。

サイト内の話を鵜呑みにしないためにも

仮想通貨を運用しているテクノロジーと通貨としての価値が別である理由を説明していきます。

まず、通貨には3つの役割があります。

1、交換手段
2、流通手段
3、価値尺度

1や2に関しては、仮想通貨は、テクノロジーとして便利になる可能性があります。

しかし、仮想通貨を使用する際の法律や決済方法などの環境が整っていないのと使用している人が少ないので現状では、かなり不便です。

ドル、円やユーロに連動した電子決済システムの方が圧倒的に普及しています。

そして3の価値尺度についてですが

物の価値を数値化する際の基準となるという意味です。

なぜ、円やドルのような法定通貨に価値を多くの人が感じているかというと、経済力と、法律、軍事力、警察に裏付けされた価値と相対的に連動していく変動相場制に信用があるからです。

そして使っている人が圧倒的に多いからです。

つまり、通貨の価値の本質は、信用と使用量。

仮想通貨がこれから儲かるというなら、信用と使用量が上がる理由がなければ説明にはなりません。

ただし、ブロックチェーン技術やICOの仕組みに関しては、勉強しておいて損はないと思いますが

Wikipediaにより詳しく書いてあるのでわざわざお金をかけてまで学ぶ必要性は個人的には感じませんでした。

最後に

購入するのは結局自分の意思が重要になってきますので、購入するのは十分に検討した上で行
なっていけば自分の身を守れると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


− 8 = 1