役立つ部屋マニュアルの作成方法②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、こんばんは、雨です。皆さんはどうお過ごしですか?

本日から民泊の攻略法を連載でお届けしたいと思います。

私は民泊で月商1000万円上げている先生からネットビジネスと民泊を習っているので、役立つ情報をご提供できていると信じます。

「役立つ部屋マニュアルの作成方法①」では、マニュアルとは何かという点について簡単に説明しました

以下では、私がAirbnb経験をもとに、役に立つマニュアルとは何かというのを具体的に説明していきます

1、写真を活用しよう

わかりやすいマニュアル作成のために、少し多いかなと思うくらい写真を使用しましょう。

文字ばかりのマニュアルですと最後まできちんと読んでくれないゲストもいらっしゃいます。

また、写真の中に英語や中国語で説明を入れるのも効果的です。

お持ちの物件合わせて、マニュアル作成に取り組んでみましょう。

2、アクセス方法について(電車・駅・大まかな料金も記載する)

こちらも1で説明したように、写真を多用&活用して分かりやすい説明にしましょう

特に空港から物件までの公共交通機関は、現時点でわかっている情報でいいので、所用時間と上降車場所の名前、電車料金を記載するのもポイントです

非常に質問が多いので、必ず掲載するようにしましょう

Google mapで実際の経路を表示し、スクリーンショットにして載せます

この際にスマートフォンの言語設定を英語にしておくと翻訳する手間が省けて便利です

3、家電の説明の仕方

基本的に部屋に置いてある家電の写真は掲載します

例えば以下のようなものになります

・リモコン(TV、エアコンetc)
・エアコンの表記が書いてあるところ
・ストーブや扇風機
・洗濯機
・冷蔵庫
・電子レンジ
・お風呂の給湯器システム
・ケトル
・ドライヤー
・アメニティ
その他にも以下の使用方法を英語や中国語などで用意しておくと、ゲストにとっても安心です
・洗濯機
・Wi-Fi&インターネット
・ゴミの分別方法

4、ゲストが知りたそうな情報のURL

これは、ゲストをサポートするというだけでなく、ホストの仕事を最小限に抑えることにもつながります。

高評価獲得のために24時間メッセージに対応するのも非常に大変ですので、ゲストには自分自身で情報を獲得できるようなサイトのURLを提示してあげます。

今では訪日外国人が作成した観光サイトも数多くありますし、Webサイトもグローバル化が進んで英語や中国語対応になっているところがほとんどです。

こういったものは進んで活用し、ゲストの満足度につなげていきましょう。

最後に

真似は上達の近道という言葉もあるように、民泊もネットビジネスも独学で行うより実績ある人に付いていくのが一番の近道です。私も名のある先生と出会ったことで人生を激変できた人間の1人です。このブログが、一人でも多くの人間を救うきっかけになれればと願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


33 − 30 =