新世界アフィリエイト 新田裕士 株式会社Creafonsの評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

販売者 新田裕士
所在地 〒大阪府枚方市楠葉美咲3-12-11-202
電話番号 080-6157-4236
販売URL http://new-world-aff.net/letter/index.php

 

雨の副業ブログは、本サイト内で掲載された情報について、充分に確認や注意をした上で
掲載していますが、内容によっては、情報が古かったり間違っている可能性もあります。

 

こんにちは、こんばんは、雨です。皆さんはどうお過ごしですか?

 

さて、今回も気になった情報商材の評判を書いていこうかと思います。

 

 

この商材は、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)と呼ばれるものとステップメールの
形を取り入れたアフィリエイトのものとなっています。

DRMは購入してくれそうな人を集客していき、商品を集客してきた人に売り込んでいく手法の1つ
となっていまして、ステップメールとは集客で登録してくれた人に段階を踏んでメールを送って
いき、気分が上がったときに売り込んでいく手法となっています。

この商材では,2つの手法を取り込んでいっているアフィリエイトの手法になっています。

このDRMとステップメールの手法を取り込んだアフィリエイトをうまく稼働していけばブログを
更新作業がなくなってあとは自動的に稼いでいけるものとなっています。

こんな感じで内容を見ていけば、簡単そうで魅力に感じますが、実際は難しいの一言になって
います。

ステップメールやDRMを確りと使っていくには、生半可なことではやっていくことが出来なく、
ネットビジネスの知識も豊富でないと生かすことはできません。

ただ、楽に稼いでいきたい人やルーチンワークのような単純な作業だけで稼ぐといった方には
活かしていけない商材になっています。

商材に書かれている理論のDRMとステップメールに間違いはないので、変なことを書いている
ことはありません。

この商材の真骨頂といわれるのがプロモーションアフィリエイトといわれているものです。

このプロモーションアフィリエイトは何かといいますと、新しい顧客に企画をプロモーション
していくシステムになっています。

企画を顧客と共に作成していくことが一番の心臓部となっています。

似たものにプロダクトローンチというものがありますが、内容が決まってしまっているので
似て非なるものということになります。

プロモーションアフィリエイトは顧客と一緒に作成していくので、やっていったものが外れる
ことがないということでそこがポイントになっていますが、この商材は具体的にこうやって
行けば稼げるというノウハウにはなっていません。

ということになりますので内容は原理原則が書いてあって、自分で応用し生かしていくことで
稼いでいけるといったものになっています。

このことから、ルーチンワークのように思考停止状態で稼いでいけるものではなく、流れなどを
常に自分で考えていくことが稼いでいくためには重要になっています。

ですので、コピペで稼ぐとか楽してやっていくなどそういったことを探している人にはおすすめ
できないものとなっています。

とのことからこの商材を実施して稼いでいける金額は計測できないので、多くの人が大きく
稼いでいる人も現れています。

この商材の示していることを理解するには時間が掛かるというところと計画も自分で考えて
いかなければならないです。

しかし、一回でも大きく当たれば競合者もいない独占で稼いでいけるものになってくるとは
思います。

言い方を変えればやり方のマニュアルがなくノウハウだけですから、成功してしまえばその手法
は自分だけのものになるということになるので独占状態になるというわけです。

そして、その体験があれば違う趣向のブログを立ち上げて、新しいサイトを作成して幾度なく
稼いでいけると思いますので、数百万は稼いでいけるアフィリエイトの商材になっていると
思います。

ですが、手っ取り早く稼げないということがネックになっていますので、上記にある内容から
アフィリエイトの中級者向けの商材になっています。

ですので、初めてやっていくには少しハードルが高いものとなっていると思います。

 

と以上のことから、稼いでいけるものとはなっていますが、難易度が高いことから経験を積んで
いる人でないとおすすめできないものとなっています。

よって、購入することを検討するのは、今までにアフィリエイトをやっていった方が適正では
ないかと感じます。

 

 

最後に

購入するのは結局自分の意思が重要になってきますので、購入するのは十分に検討した上で
行なっていけば自分の身を守れると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す