森本 真之 もりもとら流ヘルビコンサル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営統括責任者 森本 真之
所在地    東京都大田区山王2-3-8 山王智勇ビル901
電話番号  080-6760-7828
販売URL  http://k-kigyou.com/lp/cons-mo

雨の副業ブログは、本サイト内で掲載された情報について、充分に確認や注意をした上で
掲載していますが、内容によっては、情報が古かったり間違っている可能性もあります。

こんにちは、こんばんは、雨です。皆さんはどうお過ごしですか?

さて、今回も気になった情報商材の評判を書いていこうかと思います。
このもりともらはヘルビコンサルで月商500万円を売り上げていて毎月簡単に500万円稼ぐ方法を教えてくれるそうです。
果たしてそんな上手い話があるのでしょうか。

もりともらの内容

amazonに自動販売機を設置しましょう。
という謳い文句のもとでamazonに出品するだけで自動的に儲けることができる方法を有料で教えるという内容になっています。
所謂せどりですね。
ただのせどりではなくヘルビと呼ばれる医薬品のせどりが法改正によって可能になったため儲かりますという内容になっています。
もりもとらのコンサルを受けることによって仕入れが簡単となり「自由な時間が手に入り、簡単に稼ぎすぎて、普段の仕事が馬鹿馬鹿しくなります。」
と宣言していますね。
分からないことがあるとLINEやSKYPEでサポートしてくれるそうで6ヶ月間で298,000円という価格設定となっています。

まとめ

せどりとは簡単にいうと安く買って高く売って差額分儲けようということですよね。
本質は中抜きです。
せどりで儲けるためには、製造メーカーから卸売に行き小売店に行き消費者へ届くプロセスのどこか間を省くことが必要になります。

しかし、amazonの販売モデルには小売店が存在しないので、ここのプロセスを省くことは困難です。
リアル店舗よりネット販売(Eコマース)が有利なのは中間コストが少ないことなので
中抜きしても利益の差額はそんなに大きくはなりませんね。
もりともらさんは、卸売業者から大量に仕入れてAmazonで高く売ることで儲けることが出来ると主張していますが
そんなに儲かるのであれば卸売業者がそのまま売ればいいだけの話ですよね。

ということは、せどりで儲けるためには、卸売業者から仕入れているうちは長期的に勝ち目はないでしょう。
製造メーカーから直接買い取りamazonで売る必要があります。
また、そのためには、買い取った商品を在庫として抱えておくコストを考慮すると利益率を上げるために
大量に買い取りスケールメリット(規模の経済性)により利益率を上げる必要があるでしょう。
このサイトの情報を見る限り、商品を大量買い取り、倉庫を借りるコストとリスクを抱えることが十分に説明されているようにはおもいません。
情報商材を購入する前に以上の点を確認しておく必要があるでしょう。

最後に

いかがでしたか?
今回はヘルビコンサルのもりともらを取り上げました。
毎月500万円ヘルビせどり事業で稼いでいるというもりともらさんがわざわざ一月5万円のコンサルをするのかは謎ですね。
せどりに関しては、時間の問題で過当競争となります。
医薬品のネット販売が解禁された影響で一時的なブームで終わるだろうと思いますし6ヶ月のコンサルを受けてから始めても遅いかなという気がしますので
幅広い情報を見たうえでコンサルを受けるかどうか検討してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す