民泊で予約率がアップするリスティング 3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、こんばんは、雨です。皆さんはどうお過ごしですか?

本日から民泊の攻略法を連載でお届けしたいと思います。

私は民泊で月商1000万円上げている先生からネットビジネスと民泊を習っているので、役立つ情報をご提供できていると信じます。

予約の全ては物件のリスティングで決まると言っても過言ではないほど、今ではリスティングに力を入れている物件が非常に多くなっています。

もちろん実際に物件が素敵だということが大切なのですが、イマイチな写真を使っていたり説明文が陳腐な時点ですでに宿泊先の候補から外される、ということです。

一見厳しいように思いますが、今回は以下のポイントを押さえて簡単にリスティングをグレードアップさせましょう!

1、写真の上手な載せ方は?

 
リスティングではできるだけ多くの写真を載せることが重要です。

部屋の写真はもちろん、キッチンやシャワールーム、トイレなどの設備から冷蔵庫や洗濯機などのアメニティを載せてあげることでゲストからの信頼を得ることができます。

また、広角レンズを使うことで部屋全体を広く見せることが可能です。

閉塞感のある写真ですといくら広い部屋でもいいイメージができません。

部屋の角から、向こう3角に向かって撮るのが王道の写真でしょう。

一眼レンズなどいいカメラを持っていないという方は、Airbnbの無料写真撮影サービスを使うのも一つの手です。

2、キーワードを入れよう!

リスティングのタイトルは非常に目につくので重要になります

私の経験から必ず入れて欲しいキーワードは以下の5つです

・近くの観光名所の名前
・最寄り駅までの時間
・貸切物件なのかシェアなのか
・地名
・無料Wi-Fi

実際にリスティングのタイトルをつけるとしたら

「東京スカイツリー近く/最寄駅5分/完全貸切/東京/秋葉原/原宿/渋谷/無料Wi-Fi」になります

いかがですか?タイトルからなんとなく必要な情報がわかりますよね。

3、予約したくなる説明文の書き方

説明文では、写真で伝わらない具体的な情報をなるべく丁寧に書きましょう。

海外からの観光客向けに英語の説明文は必須になります。

英語がわからないなんて方も、他の物件を参考に作成してみましょう。

以下のポイントを最低限押さえて予約率のアップを目指しましょう!

・部屋のサイズ
・ベットのサイズと個数
・アメニティは何があるか
・最寄駅と周辺主要駅からの距離と時間
・空港からのアクセス方法
・チェックイン・アウトの方法とルール

リスティングのテイストによって情報を足していき、魅力的なリスティングで予約率をアップさせましょう。

最後に

真似は上達の近道という言葉もあるように、民泊もネットビジネスも独学で行うより実績ある人に付いていくのが一番の近道です。私も名のある先生と出会ったことで人生を激変できた人間の1人です。このブログが、一人でも多くの人間を救うきっかけになれればと願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


12 + = 19