民泊で稼ぐうえで、ゲストとのメッセージやりとりを行う際の必須ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、こんばんは、雨です。皆さんはどうお過ごしですか?

本日から民泊の攻略法を連載でお届けしたいと思います。

私は民泊で月商1000万円上げている先生からネットビジネスと民泊を習っているので、役立つ情報をご提供できていると信じます。

いくら物件が素晴らしくても、予約が確定されるか大きな決め手になるゲストとのメッセージのやり取り。

苦手意識を持っていたり、失敗にして苦い思いをしたことがある人もいるのでしょうか。

海外からのゲストとのやり取りは主に英語になると思いますが、今回は日本語や英語どちらにも共通するポイントを押さえていきましょう。

1、返信のスピード

 
自分が旅行するとき、行きたい場所から泊まる場所を選んでいるとします。

もちろん選ぶポイントはたくさんありますが、基本的にAirbnbの場合は部屋貸しという形ですので「ホスト」が大きなポイントになってきますよね。

何時間も返事をほったらかしにしたり、言葉遣いや態度が悪いなんてもってのほかです。

遅くても2-3時間の間に返信もしくは事前承認することが、大きく予約率を上げることにつながります。

また基本的に事前承認は早くすればするだけいいです。

2、テンプレートを上手に使おう

 
例えば、

①質問が来ているけれどすぐ返せない場合のメッセージ
②予約が確定した場合のメッセージ
③ゲストが部屋に到着した際のメッセージ
④チェックアウト前日の確認のメッセージ
⑤チェックアウト後のありがとうメッセージ

これらは、女性・男性名詞を書き換えたりするだけで応用が利きますし、丁寧なレビューを書く時間がない時なんかは非常に役に立ちます。

英語に自信のない方は、このメッセージ作成だけでも外注するなど工夫をして、高評価につなげていきましょう。

クラウドワークスやランサーズなどでは翻訳の依頼を安価で依頼できるのでオススメです。

3、代行業者に頼む

私が実際所有している物件でも代行業者にメッセージの代行を依頼したことがあります。

また、実際に代行業者としてAirbnb運営代行業をしたことのある経験からしても、ある程度物件の稼働率が上がった後であれば利用してもいいと思います。

Airbnbが日本で増加していくにつれて、様々な運営業者ができています。

業者選びで迷った場合には、実績と業務規模の大きさで選んで間違い無いと思います。

きちんとノウハウがある業者に頼んで収入アップにつなげていきましょう。

最後に

真似は上達の近道という言葉もあるように、民泊もネットビジネスも独学で行うより実績ある人に付いていくのが一番の近道です。私も名のある先生と出会ったことで人生を激変できた人間の1人です。このブログが、一人でも多くの人間を救うきっかけになれればと願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


+ 39 = 40