BITFOLIO 株式会社 YOROI 藤堂亮也

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

販売責任者 藤堂亮也
所在地   石川県金沢市西泉6-37-1
電話番号  080-7721-4758
販売URL  http://yoroi-fk.com/bit_forio/

雨の副業ブログは、本サイト内で掲載された情報について、充分に確認や注意をした上で
掲載していますが、内容によっては、情報が古かったり間違っている可能性もあります。

こんにちは、こんばんは、雨です。皆さんはどうお過ごしですか?

さて、今回も気になった情報商材の評判を書いていこうかと思います。

今回は高金利で預金を運用することを謳っている株式会社YOROIに関してです。

株式会社YOROIの内容

株式会社YOROIは3か月で預金を3倍にする高金利の資産ポートフォリオの形成するノウハウを情報商材として売っている企業なんです。
ビットコインなどを中心に資産を運用することにより運用利回りが上がるそうなんです。

素人であっても、ゴールデンパターンのポートフォリオで貯金先、投資先の配分を決めると、自然に利益を出すことが出来て、ビットコインへの換金と関連投資を組み合わせることで低リスク、高利回りの資産ポートフォリオを実現できるんだそうです。

また、このような非現実的な高利回りの資産ポートフォリオを実現できる理由は中国人がビットコインを投資先として考え始めた時には昨今のビットコインブームを大きく凌駕するビッグウェーブがやってくるからなんだとか。
そんな上手い話があるのでしょうか。

まとめ

これまでのビットコインブームの火付け役はすでに中国人でしたし、中国は当局が相当厳しい規制を敷いたこと中国人のビットコイン使用は激減しています。

その後、日本人が主にビットコインを投機的に使用しだしたことで値動きが激しくなりバブルがはじけたので、今後は日本、中国ともにビットコインへの法規制は厳しくなり、国が運営するビットコインの開発も進んでいるのでこれまでのような激しい値動きはしなくなると個人的には予想します。

しかし、通貨としては価値がある程度安定していることは重要なのでビットコインが仮想通貨として利便性が上がるという意味では良いことですね。

ただし、ビットコイン長者のような一部の人が利益を独占するような現象は無くなっていくでしょうし、株式会社YOROIさんが提唱するビットコインでの運用は、そこまで高利回りにはならなそうです。

また、ビットコインの取引所であるコインチェック社、ZAIF社がハッキングにあって総額600億円が盗まれた事件がありましたが、国が発行する通貨の盗難では3億円事件が有名ですが、その200倍の規模で盗難事件が発生する仮想通貨とその取引所、法整備、警察の捜査能力を含めて、いまだにセキュリティ対策に大きな課題があるので資産の多くをビットコインに変更することは低リスクではないんじゃないかと感じますね。

最後に

確かに銀行の金利は低いですが、1000万円までは元本保証をしてくれますし利便性も高いです。
1000万円を超える資産が出来る場合は、株式、リート、ドルなどに資産を分散したほうが良いかもしれませんね。
安定志向ならドルコスト平均法や定額預金などを勉強してみるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


50 − 41 =