GIVE NEXTプロジェクト 株式会社 WORLD INVESTMENT SYSTEMSの評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

販売者 株式会社 WORLD INVESTMENT SYSTEMS
所在地 東京都中央区日本橋2-2-3 RISHEビル UCF4F
電話番号 表記なし
販売URL http://give-next.jp/pj/treasure/

雨の副業ブログは、本サイト内で掲載された情報について、充分に確認や注意をした上で
掲載していますが、内容によっては、情報が古かったり間違っている可能性もあります。

 

こんにちは、こんばんは、雨です。皆さんはどうお過ごしですか?

 

さて、今回も気になった情報商材の評判を書いていこうかと思います。

近頃、ビットコインなどに注目が浴びている中で出てきたものになっています。

この「GIVE NEXTプロジェクト」は仮想通貨を裁定取引(アービトラージ)の手法を使用して稼いでいくという取引の手法としては新しいものではないものです。

 

基本的な貨幣通貨の基礎知識

日本ではビットコインなどのものは仮想通貨という言葉で浸透していますが、本来であれば暗号通貨(Cryptocurrency)が正しいです。

ですが、ニュースなどの情報メディアや元々あった似て非なる電子マネーの認識からの影響で、日本では仮想通貨としての方が浸透している節があります。

なので、このブログでも仮想通貨と表現して書いていきます。

仮想通貨として世界や日本でも有名なのがビットコイン(Bitcoin)ですが、ここ一年もしない内にかなりの単価の値上がりをしており注目が上昇しているものです。

しかし、ここ何日かで最高値から10万ほど下がっているので、少し落ち着いてきたという印象を受けます。

今年の1月以前に購入して保有していた人はかなり稼げたという言葉も見受けられる程に今現状注目が浴びているものです。

そして、通常の通貨では発行数に規制はありませんが、仮想通貨には一定の限度があります。

なので、仮想通貨にはインフレになることはないということが言えます。

あと、今年の29年度からこれまでは仮想通貨はものとして扱われていましたが、改正され税の支払の義務が生じました。

なので、ビットコインなどで利益を上げた場合、雑所得として課税対象になりますので、仮想通貨で利益を上げた場合はそのあたりは注意です。

 

参照元・引用元

暗号通貨 ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%97%E5%8F%B7%E9%80%9A%E8%B2%A8#.E6.89.B9.E5.88.A4

ビットコイン(Bitcoin)価格・相場・チャート
https://bitflyer.jp/ja-jp/bitcoin-chart

 

裁定取引(アービトラージ)とは

簡単に表現しますとサヤ取りと言われるもので、各取引所での金利差や価格の差を利用して売買していき利益を出していくことです。

例を出しますと、A取引市場では01仮想通貨が単価100円の取引時にB取引市場では単価120円と仮定すれば、取引を上手く行った場合、金差の20円の利益を上げられるということになります。

表現した価格は適当なものなのでイメージとしてもらえればいいと思います。

このような手法をしていきますが、大きく稼いでいけるかと言われれば、なんとも言えないです。

細々として稼いでいけるものではありますが、余程大金を注ぎ込まなければ、大きくは稼げません。

そして、ロジックの上では負けることはない手法になりますが、インターネットの通信や取引を行なうところのタイムラグによって、負けてしまう可能性も捨てきれないのもあります。

 

「GIVE NEXTプロジェクト」の内容

セールスページを見ていく限りでは、メールを登録するだけでこのプロジェクトに参加できるそうですが、無料で学んでいけるとは書いていないので、もしかしたらこの先に待っているのは高額塾や高額商材などといったものの可能性があります。

高額塾などに誘導というのは、前からあるものなので、可能性としては捨てきれないです。

あとは、情報提供者であるヘンリー・ヒデオ・ウエノという方の経歴などに信憑性が怪しいところが気になります。

セールスページの冒頭では世界のトップ3の投資家として君臨や有名なゴールドマンサックスの元副社長と書かれていますので、そこまで多く情報がなくともある程度は見つかると思い検索をかけてみましたが、ヘンリー・ヒデオ・ウエノという方に関する情報が出てきませんでした。

それと、特定商取引法に基づく表示のところに下記の画像のように書かれています。

このことから、個人情報を秘匿していくのではなく、分析なども行なっていきますの為に他の方に渡ることをそれとなく書かれています。

なので、ここは注意が必要だと捉えれます。

 

まとめ

以上のことから、仮想通貨にはいろいろな可能性があり、投資していくところとしてはいいものと言えます。

しかし、この情報商材は裁定取引(アービトラージ)の応用とあり注目はできそうなんですが、高額塾などの可能性があることから、本当にやっていきたいならやり方次第はインターネットを検索すれば出てきますし、ノウハウ自体は出回っていまして本などでも売っていますので、やるならそちらからやる方がおすすめです。

 

 

最後に

購入するのは結局自分の意思が重要になってきますので、購入するのは十分に検討した上で行なっていけば自分の身を守れると思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


6 + 4 =